価格は当然のこと品質にもこだわりたいオリジナルパーカー

パーカーの似合う人

自分だけのオリジナルパーカー

パーカーの男性

アパレルショップでは自分が理想としているパーカーが販売されていない、それなら「オリジナルパーカー」を制作してみてはいかがでしょうか。自分で材料を購入してデコレーションする方法もありますが、それだとどうして素人感が出てしまいます。きれいに仕上げるために、業績が豊富な制作業者に依頼しましょう。
プロの技で素敵に仕上げてくれます。また、パーカー制作は生地が重要です。厚みによって重さや耐久性、防寒性に差があり、厚みがある生地ほどしっかりしていて、耐久性も高く料金もそれだけ高くなります。ただ厚みがある分重みも増すので重いのが苦手な人は、生地が薄いパーカーを選択すると良いでしょう。
また、プリントする部分によって雰囲気がガラリと変わります。バックに大きくデザインを入れると元気に仕上がります。文字だけをシンプルに入れるプリント方法もオシャレです。フロントに文字を大きく入れる方法は、カジュアルに仕上げたい人に適しています。ごちゃごちゃさせるのが苦手な人は、アームにワンポイントを入れると良いでしょう。個性を出したい人はパーカー全体に柄をちりばめるプリント方法やフード部分にワンポイントを入れる方法もあります。

オリジナルパーカーは業者選びが肝心

「オリジナルパーカー作り」は、業者選びがすべてと言っても過言ではありません。デザイン性が高く良い業者を選ぶことで、希望していた通りのパーカーが仕上がります。また、会社の情報だけではセンスのレベルまで判断できません。ホームページで制作例をチェックしておきましょう。全体の制作例を見て、自分の好みのデザインが多いところは理想のデザインに仕上がる可能性大です。
使っているインクや生地が分かれば見ておきましょう。素材やインクの注意点を掲載しているかもチェックしておくべきです。また、見積もりは大切な段階です。見積もりが雑なところは、良い仕上がりは期待できないとも言われています。ゆっくり話し合いの時間を設けてくれる業者を選択しましょう。また、対応力も肝心です。
一方的に押し付けてきたり、態度が冷たいところは優良とは言えません。親身になって相談に対応してくれる、あたたかい業者をセレクトしましょう。完成したパーカーは、お手入れにも気を使わなければなりません。雑に扱えばすぐに廃れて老朽が早くなります。生地やプリントなど良い状態を長持ちさせるために漂白剤入りの洗剤は避け、生地に適切な洗剤をピックアップしましょう。

オリジナルパーカー制作の注意点は?

いまやファッションに欠かせない存在となっているパーカー。オールシーズン着られるように薄手のものや厚手のものなど様々な種類が存在しています。しかし、今では自分だけのオリジナルのパーカーを作れるサービスも存在し、既製品では見つからなかった、自分の望んだ通りのイラストなどを付けたパーカーを作ることが出来ます。
ところが、制作の際には注意しなければならない点がいくつか存在します。例えば著作権には十分に気をつけましょう。無造作に選んだイラストは、もしかすると誰かの著作権があるものかもしれません。特に有名キャラクターなどを無断で使用したものを使ってしまうと、最悪の場合、訴訟といった思わぬトラブルを招いてしまうかもしれません。
また制作する際には、最低制作枚数にも注意する必要があります。例えば某制作業者は1着あたりの制作費用が1800円から作ることが出来ます。色も15色から選べてサイズも豊富に揃えていますが、その価格は30着以上制作した場合の価格で、1着での注文は受け付けていませんでした。業者によっては1着から注文が出来るところもありますが、価格は倍以上になってしまうところもざらです。このように最低制作枚数がひっそりと書かれているところが多くあるためそういった点にも十分に気をつけるようにしましょう

information